グローバルメニューを読み飛ばし、本文エリアへ移動

はしご車の説明

カテゴリ内のページ消防車の種類 | 救助工作車の資機材 | 高規格救急車の資機材 | はしご車の説明

 

  • このはしご車は、建物の高層化等に対応するため導入され、 平成14年12月25日から北本消防署に配置され運用を開始し、鴻巣市・桶川市・北本市の全域に出動します。
  • 写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

 

はしごを収めているところ
はしごを収めているはしご車
 30m(約12階)の高さまで届きます。はしご先端のバスケットに3人、リフター(はしごの先端と地上を往復する装置)に2人乗れます。
はしごを伸ばしたところ
はしごを伸ばしたはしご車
  バスケットの付いたはしご先端が屈折し、リフターを同時に使用できるので、 以前より安全で迅速に助けることができます。 また、高圧放水装置を備えていますので少ない水で消火できます。
照明を点けたところ
照明を点けたはしご車
 はしご本体に明るい照明(メタルハライド照明)を7灯、車体に蛍光管を8灯備え夜間でも安全に活動できます。
 
車体前部を上げたところ
はしごを収めているはしご車
 車体の前部または後部を標準より±100ミリメートル上下することにより、歩道や分離帯などの障害物を乗り越えることができます。
車体後部を上げたところ
 車体後部を上げたはしご車
 
4輪操舵機能(同位相)
 4輪操舵機能(同位相)のはしご車
 4輪ともタイヤを同じ向きにすることにより、容易に幅寄せができます。
 
平行移動中のはしご車イラスト
 
4輪操舵機能(逆位相)
4輪操舵機能(逆位相)のはしご車
 前輪と後輪を違う向きにすることにより、小回りができます。最小回転半径は、5.6mで普通乗用車並です。
 
4輪操舵機能(逆位相)のはしご車イラスト
 
ドア
ドアの開いているのはしご車
 全ドアが直角に開閉するので、隊員の乗り降りが容易にできます。

 

このページに関するお問い合わせ
消防本部警防課 | 電話:048-597-2003