グローバルメニューを読み飛ばし、本文エリアへ移動

先輩からのメッセージ

 

 

埼玉県央広域消防本部では、多くの若い職員が第一線で活動しています。
ここでは、地域の安全を守る先輩達の「生の声」をご紹介します。

 

鴻巣消防署 消防2課 警防担当  

 もともと人命救助の仕事には興味がありました。その中で直接人の役に立つ仕事がしたいと考えた時に消防官という選択肢が浮かび、この職業を目指しました。
 現在は鴻巣消防署警防担当として日々の業務に従事しています。災害時には火災現場での消火活動及び救助活動はもちろんのこと、その他にも救急隊と共に出動するPA連携や様々な特殊災害にも出動しています。このような多種多様な災害に対応できるよう、日々訓練を行い幅広い知識、技術及び柔軟性を養っています。
 訓練以外にも管内の地理水利の把握、各種届出書等の収受事務、消防訓練に出向して地域住民の方々への防火指導なども行っています。
 災害はいつ・どこで発生するかわかりません。辛く厳しい現場を目の当たりにすることもあるかもしれません。しかし、私達が目を背けることは決してありません。責任感と誇りを持つことができ、とてもやりがいのある仕事だと実感しています。
 消防官に絶対になりたいという熱い思いがある方は是非採用試験に挑戦してみてください。みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

 

北本消防署 消防1課 救助担当  

 「今まさに生命の危機に瀕している人の元に行き、助け出したい」その思いから消防官を志しました。
 志すようになったきっかけは、平成23年3月11日に発生した東日本大震災です。被災地の甚大な被害状況、助けを待つ人々の不安気な表情、行方不明の家族を待つ人々の涙などを見て「助けられる側よりも助ける側でありたい」と考えるようになり、その思いを胸に消防官になりました。
 現在、私は救助隊として火災等の災害時に最前線で活動をしています。救助隊は常に「人命救助」に対しての情熱を持ち、日々様々な災害を想定した訓練に励み、確実に要救助者を救出することのできる知識、技術の習得に加え体力、気力を養っています。
 どの職業においても仕事に対しての使命感、責任感を持って業務に励むことが社会人として重要だと思います。しかし、消防官という職業には、それに加え「人のためになりたい」という気持ちを強く持っていることが重要です。その気持ちさえあれば、きっと素晴らしい消防官になれると思います。少しでも消防官になろうという気持ちがあるのならば、恐れず一歩を踏み出してみてください。共に災害最前線で活動できる日を待っています。

 

桶川消防署 消防1課 救急担当  

 私は大学で救急救命士の資格を取得しました。救急救命士は現在、様々な方面で活躍していますが、病気や怪我で助けを必要としている人に対し最初に駆け付けて安心を提供したいという思いから、救急救命士の資格を活かすために消防職員を目指しました。
 入職1年目はそれまでの環境と異なり24時間勤務のため、拘束時間も長くストレスを感じることも多々ありましたが、他の女性職員や同僚、先輩方と交流を深めそのストレスを緩和することが出来ました。
 現在は救急隊員として日々の業務にあたっています。救急隊員1年目の時は大学で学んだ知識だけでは足りず、正直戸惑い、理想的な活動が出来ませんでした。救急現場には全く同じ症例はなく難しいことばかりですが、自分で判断し適切な処置、観察が出来た時や感謝の言葉をもらった時にはとてもやりがいを感じます。待機中にはテキストの再確認や先輩方と訓練を行い、アドバイスをもらいながら知識や技術の向上に努めています。
 救急隊員という仕事は、病院内での環境と違い、出来ることは限られてきますが、助けを求めている方々に1番最初に手を差し伸べることが出来ます。
 ぜひ、私達と一緒に救急現場の最前線で働きましょう。

 

消防本部 警防課 警防救助担当  

 消防士を志したきっかけは、高校時代に発生した東日本大震災です。メディアを通して目にする悲惨な状況や被災者の声を聞き、胸が張り裂ける思いになったと同時に、過酷な環境下で活動する消防隊員の方の真剣な眼差しを見て、私も消防隊員として災害時に人の役に立ちたいと考えるようになりました。
 私は現在、警防課警防救助担当として、隊員が使用する消防車両や資機材の購入、隊員の技術・連携の向上を図るための訓練企画等を主な業務としています。人命救助活動に直接従事することはありませんが、現場で活動する隊員を支えることが、消防の使命である市民の生命や財産を守ることに繋がると考え、業務に励んでいます。
 消防という仕事は簡単なものではありません。人の命を救うという責任の重い仕事です。しかしその分、人の役に立てるやりがいの大きな仕事です。
 消防士になりたいという気持ちがある人は、是非採用試験にチャレンジしてください。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

 

このページに関するお問い合わせ
消防本部消防総務課 | 電話:048-597-2002