グローバルメニューを読み飛ばし、本文エリアへ移動

実践・放火防止対策

 

放火防止対策

ここ数年、当消防本部管内で発生した全ての火災の出火原因で、最も多いのは「放火」・「放火の疑い」です。

放火及び放火の疑いによる火災発生の時間帯は、夜間から明け方にかけて多くなっています。

放火を防ぐために次のことをチェックして、放火されにくい環境づくりを心がけましょう。

ボディーシートに放火の図

放火防止のために

 

環境チェック

建物の周りや敷地内に、紙類や廃材など燃えやすい物は置かないようにしましょう。

ごみ出しチェックごみの日以外に出したゴミに放火の図

ごみは指定された日の朝に出し、夜間のごみ置き場にはゴミが出ていないようにしましょう。

施錠チェック

空き家、物置等には必ず施錠をしましょう。

車両チェック

・車、バイク及び自転車にボディーシートを掛けるときは、防炎製品を使用しましょう。

・自転車やバイクのかごや荷台に、可燃物を置いたままにしないようにしましょう。

空き地チェック

空き地の繁茂な枯草は早期に刈り取り、ゴミ類等も除去しましょう。

このページに関するお問い合わせ
消防本部予防課 | 電話:048-597-2004